消防設備点検
TOPページ > 消防設備点検                        |法人のお客様|     |個人のお客様

【法人のお客さま】ご依頼から点検報告まで

1.お問い合わせ・点検ご依頼

ビル・マンションの消防点検・消防設備管理などに関して気になることやご相談がありましたら、まずはどんな事でもお気軽にご相談ください。
お問い合わせは、お電話およびお問い合わせフォームをご利用下さい。弊社より折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム     個人情報保護方針

2.お打ち合わせ・お見積り

お打ち合わせをさせて頂きます。過去の点検記録・図面等がありましたらご用意下さい。
その後、お見積りや作業内容を提出させて頂き、お客さまにご検討頂きます。

3.点検をする

ご依頼頂きました点検、工事を実施いたします。

消防用設備等定期点検について     防火対象物定期点検について

4.点検結果報告書の作成及び報告

点検結果のご説明と、点検した内容を基に作成した点検報告書をお客さまに提出いたします。

5.消防署に提出

提出しました書類をご確認頂き、捺印して消防署へ提出して頂きます。
消防設備点検・工事、給水・空調設備の工事・点検のことなら24時間インターネットでお問い合わせを受付いたしております。
簡単なお客さま情報を入力して頂きますと、弊社担当者より折り返しご連絡させて頂きます。
お問い合わせフォームは、弊社 「個人情報保護方針」 をご一読のうえご活用下さい。


【個人のお客さま】

ご存知ですか?点検報告制度のこと

定期点検報告制度

消防法では、消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置義務がある防火対象物の関係者に対し、その設置した消防用設備等又は特殊消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防機関へ報告することが義務づけられています。

消防用設備等点検     消防用設備等点検

点検実施者について

消防用設備等又は特殊消防用設備等を点検するには専門的な知識・技能を必要とします。このため、防火対象物の規模や構造により人命危険度の高い防火対象物にあっては、有資格者(消防設備士又は消防設備点検資格者)に点検を行わせることとされています。
有資格者に点検を行わせなければならない防火対象物は、次のとおりです。
  1. 延べ面積1,000平方メートル以上の特定防火対象物(百貨店、旅館、ホテル、病院、飲食店、地下街など)
  2. 延べ面積1,000平方メートル以上の非特定防火対象物(工場、事務所、倉庫、協同住宅、学校、駐車場など)で消防長又は消防署長が指定したもの
  3. 特定用途に供される部分が避難階以外の階にある防火対象物で、当該避難階以外の階から避難階又は地上に直通 する階段が2つ(屋外に設けられた避難上有効な構造を有する場合にあっては、1つ)以上設けられていないもの
上記以外の防火対象物は、防火管理者等でも点検することができますが、できるだけ専門的な知識・技能を有する有資格者に点検させることとされています。

点検の内容と点検の期間

点検は、6月ごとに行う機器点検と、1年ごとに行う総合点検があります。

点検結果の報告

消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置義務がある防火対象物の関係者(所有者・占有者・管理者など)は点検・報告をする義務があります。
点検結果は、所定の様式に記入し、特定防火対象物にあっては1年に1回、その他の防火対象物にあっては3年に1回消防長又は消防署長へ報告しなければなりません。

消防設備点検・工事、給水・空調設備の工事・点検のことなら24時間インターネットでお問い合わせを受付いたしております。
簡単なお客さま情報を入力して頂きますと、弊社担当者より折り返しご連絡させて頂きます。
お問い合わせフォームは、弊社 「個人情報保護方針」 をご一読のうえご活用下さい。


‖ トップページ ‖ 会社情報 ‖ 事業内容 ‖ 給水・空調設備 ‖ 消防設備点検  ‖ 求人情報 ‖ お問い合わせ ‖           ▲このページの上部へ